Walking along The Highline

立ち止まることもあるけど、歩き続けていたい。

50代のリアルな毎日。いろんなことをつぶやいていこうと思います。

現実逃避

暑いですねー。

仕事のない日は、

夕方5時過ぎにやっと外に出て

犬の散歩や、買い物用事を済ます毎日です。

 

週末は、どうしてもおつかいものを買いに街に行かなきゃ行けなかったので

久々銀座方面行ってきましたが、

早めに用事を済ませて帰ろうかと思いましたが、

せっかく来たし

現実逃避、避暑目的に

日比谷シャンテ映画館のタイムスケジュールをチェックして、

レビューもチェックせず

ちょうどいい時間にあった映画のチケットを購入。

久々、映画の世界に浸りました。

 

f:id:Highline:20240722191256j:image

 

 

予告映画紹介中に、この映画のレビューをチェックしたら、

星が4とか5がついています。

ジャンル的には、切ないラブストーリーみたいで、

こんな暑さの毎日からの現実逃避には

もってこいだと思って期待して観ましたら、

なんてなんて、切ないんでしょうか。

 

ベタなストーリーといえばそうなんだけど、

なかなか良かったです。

 

 

シネシャンテって、

単館の小作品の上映がメインなので、この作品もそうなんですが、

脇役に出てくる俳優さん女優さんたちが、

意外と大物を起用していて、

なぜか、端役でジャニーズのアイドルも。

 

 

おまけに主題歌が、

なんと私にとっては皮肉にも

Mr.Childrenの記憶の旅人。

 

 

ライブに行けなかったけど、

ここで思わず聴けて嬉しかったような

またちょっと悔しくなったような、

複雑でしたが、

映画の内容が、

ああ青春だね。

こういう切なさって懐かしいなとか

思ったりして。

 

 


www.youtube.com

 

主人公が男子だっていうのがあるからかもしれないけど、

男子お一人様で来てる人もいました。

後半、結構嗚咽している人もいて、

私も、涙活できました。

 

映画館の中は、

思ったよりグッと寒かったですが、

ストーリーの世界に引き込まれて、清らかな気持ちになったおかげで、

表にでて、モヤっとした暑さにも負けずに、爽やかな気分のままで帰宅の途に着けました。

 

 

 

 

アフターコロナ

今年の夏は、

コロナ変異株がまた猛威をふるう11波になっているようです。

 

 

熱中症か?と思った7月5日金曜日。

翌日、発熱を確認して、病院にて念のために、インフルエンザとコロナ検査をして、

コロナ陽性。

脱水と解熱対応の点滴処置していただき、

帰宅か入院希望か聞かれ、

週末だし、犬の世話は夫にしてもらえるし、

何よりコロナを移したくないので、

そのまま土日月曜日午前まで、入院対応していただきました。

 

あの時は、

まさかコロナに感染してる?

とは全く疑わず受診をしました。

 

 

 

私の後からも、

熱中症症状を訴えている患者さんや、フェスがあった夜だったようで、熱中症と急性アルコール中毒の症状の患者さんなど、

医師、看護師さん、スタッフの方々がテキパキ動かれる姿を、ボーっと発熱した状態で見てました。

 

 

一番辛かったのが、土曜日。

点滴処置のおかげで、日曜日の夕方には熱がおさまりました。

日曜日には、シャワーも浴びました。

咳、のどの痛みはあるけど、刺すほどの痛みはなく、咳もそんなに酷くなかったです。

 

 

 

食事も土曜日は、全く食欲はありませんでしたが、日曜日は、普通にとれました。

 

 

一番辛かったのが、

なんともいえない倦怠感。

ずっと横に寝ていたいという感じで、月曜日退院して、帰宅して必要最低限の家事はやりましたが、15日まで倦怠感と喉の違和感がとれませんでした。なんやかや、痰がからみ

咳はとれませんでした。

 

 

翌16日、起床して、

あれ?体調が戻ってきた?

と感じ、

やっと回復を実感。

 

外出しないで、冷蔵庫の中でやりくりできてましたが、買い物行く気持ちにも、

やっとなれました。

 

 

 

結果的に、

軽症であったと思いますが、

それなりに苦しい先の見えない約10日間でしたし、なにより、

アフターコロナに、

何か後遺症みたいなものが残ることが一番心配でした。

 

コロナに関しては、

ワクチンも含めて、まだエビデンスがないのが、

1番の怖いところです。

 

人によっては、

ただの風邪だから。

5類だから、

という認識もあるし、

捉え方も違う。

 

まだまだよくわからないことが多いのが、

一番怖いっというのが、素直な気持ちです。

 

 

元気になったらなったで、

Mr.ChildrenのLIVEには、本当に行けなかったことが残念だなあと。

 

約束していた友人達とのランチもキャンセルしたし。一年ぶりでやっと日程合わせた集まりだった。

 

 

でも、8月は、

父親の初盆で親戚の集まりがあるので、

このタイミングに、皆さんに迷惑をかけることに

なるより

よかったと思います。

 

 

 

感染しないことが一番良いけどね。

四年間運良く感染しなかったから、このままいきたかったなあ。

 

皆さんに、参考になったかわかりませんが、

暑い夏、くれぐれも

体調に気をつけてお過ごしください。

 

 

 

 

 

f:id:Highline:20240717212418j:image

 

これは、ちょっと前に

ある駅で見かけた、力士の方々。

 

鬢付油の香りが独特でした。

 

ちゃんこ鍋を食べに行ったのですが、

お店の中は、写真撮り忘れました。

 

普通に、駅のホームとかに、力士の方々がいたりして、面白い体験をしました。

 

1カ月以上前の出来事です。

そういえば。

 

記事にしようと思っていたことも忘れてしまっていた。

 

コロナ前の出来事が、もうかなり遠い前の話になりつつある今日この頃です。

 

 

コロナでした

まだ、振り返る段階でないけど、

先週金曜日は、

久しぶりの友人とのコストコandランチという楽しいイベントがありました。

 

いつもの場所で久々の再会を喜び、お互いの近況トークに美味しいランチ。

そのあとは、お決まりのコストコへ!

楽しく1日を過ごしました。

 

外は猛暑、

室内と室外の気温差にやられそうになりながら帰宅して、

冷蔵庫に購入した諸々をしまったあと、

突然倒れ込むようにぐったり。

 

その日は、夏バテしたと思い早寝をしました。

 

翌日目覚めは、少し良くなったので、

この日も予定している約束があったので準備していると

また一気に具合悪くなり、

予定はキャンセルしてもらい、1日中休んでいましたが、

寒いのか暑いのか、身体中が震えて、顔色も悪いと家族に言われ、

熱を測ったら38、8度。

 

まさか、熱中症?ということで病院に受診。

結果、コロナ陽性がわかりました。

 

そのまま帰宅せずに、結局月曜日まで希望入院。

自宅には、夫もいるし、犬もいる。

個室で対応してもらいました。

 

高熱は、その二日間のみでしたが、

 

咳と喉の痛み、倦怠感はまだ続いています。

 

また、この倦怠感がなんともいえない感じです。

 

夫が、昨日今日と出張で、

トータル、接触機会は、少ないと思うけど、

完全なる非接触はなかなかできないなあと、実感。

 

こういう時は、2階と1階で、お互い隔離できる場所はあるにしても、

それでも、接触場所の消毒は完璧には行き届くわけでないので、

来週になるまで、感染の恐れを気をつけて行かなければなりません。

 

5類になって、厳密な決まりはないけど、

5日間は人との接触は気をつけてくださいとの

事でした。

 

なので、

今の方が、それぞれの感覚や、状況によって

個々の行動は、個々の判断に委ねられるわけで、

 

金曜日夕方に、発熱はないけど

一気にきた倦怠感が、最初の症状だったとしたら、

火曜の仕事外出、水曜日のまた別の友人との外出、

この辺りの、どこかのタイミングで感染したんだとおもいます。

 

水曜日、金曜日にそれぞれ会った友人には、

コロナの件で改めて連絡はしてませんが。

 

 

日曜日は、楽しみにしていた、

ららアリーナ柿落としの、Mr.Childrenのライブには、行けませんでした。

 

初めて、チケットを無駄にしてしまいました。

 

 

そんなことより、もうなってしまったことには変わりないから、

この倦怠感や諸々、後遺症となって続かないことを祈るしかないです。

 

今年の夏は、熱中症はもちろん、

コロナにも、皆さん十分お気をつけてください。

 

 

偶然っていう不思議

先週末、たまたま入ったお店で、

ご近所友達に偶然、出会いました。

家からも遠くて、

さらに、とても広いお店で、

同じ場所にいたとしても、すれ違ったり、近くで見かけない限り

この偶然ってないんだと思います。

 

しかも、数日前に、

その彼女のことを久しぶり思い出して

そういえば、最近会ってないあと思ったばかりで、

2、3日後、不意打ちに出会って、ちょっとドキッとしました。

 

 

 

今までの人生で、

いくつか思い出に残る偶然ストーリーがありますが、

ダントツTOPな私の偶然な出来事があります。

 

 

 

下の子の幼稚園の入園式の時で、

その時私は全く気づかなかったのですが、

のちに同じクラスになって、子供同士が仲良くなって

家の行き来して、母親同士もすっかり仲良くなった頃、

 

ある日、そのママ友が、

高校時代の話をし始め、年齢的にも同世代だったので、

話が弾んだ頃合いをみてか、

急に私の高校時代の様子を確かめるような質問をしてきて、

うん?と思って尋ねたら、

実はね、と、

彼女のご主人が、

なんと私の高校の同級生だったということがわかりました。

 

 

彼の下の名前を聞いても、正直ピンと来なかったし、

入園式以降も、

何度か幼稚園の行事でご挨拶したくらいですが、

顔もそもそも覚えてないから

わからなかった。

 

 

彼女の旦那様は、入園式の時に、私を見て、

もしかして!と思ったそうです。

そして、まさか

同じクラスになって、子供同士、ママ同士が仲良くなる展開になり。

 

 

そういえば、過去に、

 

何気に彼女から、

色々確認調査が入った質問に答えていたかもしれません。 笑

ママ友は、ご主人の持ってる高校の卒業アルバムで、私の顔もチェックもしていらしく、

あーもう恥ずかしいし、

もっと早くその話してほしかった!と思いました。

 

 

 

ご主人(同級生)は、入園式の時すでに、

遠くから見て、

そうじゃないか?と思ったそうです。

 

 

 

高校時代に住んでいた頃とは、全く違う場所で、

このような偶然ってあるんだなあと思いました。

 

 

 

他にも、

不意にたまたま歩いていたこの場所に、同じ時間に出会う事って、

そうそうないけど、これがたまにあったりします。

 

こういう偶然って、何かメッセージがあったりするのかあと

考えたりします。

 

 

 

highline.hatenadiary.com

 

以前書いた記事、思い出しました。

 

こんな偶然もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

つれづれアゲイン

先週末、無事に

父親の納骨が終わりました。

 

思えば、あっという間でした。

 

納骨を終えて

本当に父親の魂も、もうこの世にはないんだという寂しさと、

あちらの世界で、

約20年ぶりに、母に会える父親を思うと、

やっとおかあさんに会える時が来たね。

なんてことを思いながらその日を過ごしました。

 

 

さてさて、

現実に戻ると、

相続手続きにいよいよ手をつけなければなりません。

 

光熱費、保険、口座関係、役所の手続き等は、

まず終わってますが、

納骨後に、いわゆる

名義変更に関わる手続きを本格的に始めないと行けないわけです。

 

生前、何度か、何気なく

相続に関する確認、どこに何がある?

という基本事項ですが、尋ねたことがありますが、

とうとう詳細については、聞き出せることはできませんでした。

 

終活っていう言葉は、今でこそ、世の中に浸透してきてますが、

実際、そこで、今ある財産のチェックや、まとめておく作業をする人って、本当に少ないと思います。

 

面倒くさいなど性格の問題とか、

亡くなる前にそんな話はしないとか、

父親とも、機嫌の良い時に

話を持ち掛けても、結局はわからないままでした。

 

なので、妹と2人、証書や通帳、封書などを整理して

というところから始めました。

 

妹も、フルタイムで忙しいというのと、

そんなの税理士さんに頼めば?と、

性格的に面倒なことは避けたいようです。

 

税理士さんに頼むのは最終手段にして、

まずは、長女でもある私が、全部自宅に持ち帰り、

今日から

少しづつ、YouTube動画や本などからの基本的な情報を勉強しながら

作業を始めた感じです。

 

しかし、なかなか大変な作業。

いきなり、萎えてます。

 

 

 

実は、一昨年

父所有の遠方にある土地を買いたいという不動産屋さんからの依頼があり、

私たち子供からしたら、早く売却して欲しい、

スッキリどんどんして欲しいと思っていたので、ウェルカムだったんですが、

父は首を縦に降らなかったということもあり、

結局そのままにしていたということがあって、

土地の名義変更も、とにかく大変な作業らしいということがわかり、

ため息ついています。

 

とりあえず、一歩一歩

進めていくしかないですね。

 

 

 

この時期、一番幸せな季節。

フルーツのふるさと返礼品が、家族2人しかいない我が家に届く届く。

 

f:id:Highline:20240626211146j:image

 

千疋屋レベルの美味しさと豪華さのメロン!

 


f:id:Highline:20240626211149j:image

 

このさくらんぼ達の美味しさといったら!


f:id:Highline:20240626211143j:image

 

食べ終わる前に、第二弾がきた時は、

ちょっとどうしようかと思いましたが、

近所の友人が家庭菜園のきゅうりを持ってきてくれたタイミングで、さくらんぼのお返し。

友人が、エビタイだと喜んでました。

私も協力してくれて助かった。

 

f:id:Highline:20240626211713j:image

 

そして、桃ですよ!

これがたぶん、この時期のオオトリ。

 

甘いことといったら、ってぐらい、

当たりでした。

 

毎日夫も私も、2個ずつ食べて頑張って消化中。

本当は、ゆっくりゆっくり味わって食べたいのにね。

 

 

 

 

 

 

ひろみちお兄さん

先日、ニュース報道で、

NHKの番組おかあさんと一緒に長く出演していた

体操のお兄さん、佐藤弘道さんが、突然下半身麻痺となってしまった

というセンセーショナルな報道が入ってきました。

 

佐藤弘道、体調不良で一時活動休止へ 「脊髄梗塞」明かす「現実と向き合い、今出来ることを一生懸命に」(オリコン) - Yahoo!ニュース

 

ひろみちお兄さんを襲った病気、

脊椎梗塞という病気は、

症状は突然起こり、脊椎の血管が詰まり、脊椎の機能が失われるという

あまり知られないけど、かなり怖い病気のようです。

 

非常に稀らしく、

脳卒中の1〜2%程度と言われて、また発見も難しい病気だそうです。

 

急に症状が出ても、医師がその病気を想起して治療ができればいいですが、

これがまた、うまく運ぶことも難しそうです。

 

発症しやすい世代は、高齢者の方が起こりやすく、

今回は飛行機の中で起こっているということなので、

エコノミークラス症候群のような病気に似ているのでしょうか。

 

おかしいと思ってから手足が動かなくなるまで数分で進行とのことだそうです。

 

緊急入院をされて今は投薬治療が開始されているそうですが、

うまく治療が壮行することを祈ります。

 

おかあさんといっしょは、

我が子の時代には、

あゆみお姉さんとけんたろうお兄さんに、体操はもちろん、ひろみちお兄さんでした。

 

今は、スタジオ収録希望は、ホームページから申し込みだと思いますが、

スタジオに行きたいということで、

あの頃は、葉書で応募をしてみたら、

なんと、当選。

 

f:id:Highline:20240619195157j:image

 

喜んで渋谷のNHKスタジオに連れて行った写真を見つけました。

 

f:id:Highline:20240619201957j:image

 

なんと、子供2人とも、それぞれ3歳の時に当選したんです。

 

f:id:Highline:20240619195352j:image

こちらの方の

ひろみちお兄さん、若いですね!

上の子供の時のだから、確かにお若いです。

 

上の子は、最初から最後までノリノリで、

しっかりテレビに映って楽しそうにしていましたが、

下の子の時は、スタジオに行くまでは楽しそうにしていましたが、

スタジオ収録中は、泣いて私のところに来て、ずっと抱っこしていましたが、

最後の歌の時に、あゆみお姉さんが来てくれて、

下の子を抱っこして踊ってくれました。

 

佐藤弘道さん、いつまでも若々しくしているから、

もう50代ということも信じられないくらいですが、

本当に、治療がうまく行くことを祈ります。

 

 

佐藤弘道(@sato_hiromichi)さん / X

また、私も人ごとでないと改めて思いました。

つれづれ

4月に初めて受験した試験が、

1ヶ月後にまぐれで合格という通知を受けて、

受験前は、

久しぶりに自分なりに勉強に費やして、

試験後は燃えかすみたいになって、

やっと、

先週から、また勉強モードが戻ってきました。

 

なんせ、予期せぬ合格ですから、

一瞬喜んで、再び冷静になったら、

試験前に詰め込んだものは、かなりこぼれ落ちている現実。

ちゃんとちゃんと身につけたいから、学び続けようと思っています。

 

なので、今週は

私用がなかったので、

自宅で勉強をつらつらやったり、

ローリングストックの

消費期限チェックしたりしてました。

 

 

 

一気に夏になってきましたね。

昔は、

断然季節でいうと夏か冬なら、

夏でしょ。

と思ってましたが、

最近の夏は、

命を取られそうなくらいに

クレイジーになってきてるので、

好き嫌いというより、怖いくらいな感じです。

 

 

熱中症が心配で、

高齢の父親に、しょっちゅう電話していたなあ。

冷房を好まないので、

本当に心配していました。

今年は、もう心配する父親がいません。

 

寂しいな。

 

 

 

ワンコが、また調子があまり良くなく、

病院で心臓エコー検査。

半年前の結果から数値が悪化したので、

投薬治療が開始になりました。

夏は、ペットにも強敵です。

体調管理気をつけないと行けないな。

 

 

https://madamefigaro.jp/fortune/yukariishii/libra/

 

 

占いは気になるかといえば、

自分の調子があまり良くない時は、

つい見るのが、

フィガロJapanの石井ゆかりさんの星占い。

 

このかたの語り口が、

とても優しくて、前向きにさせてくれます。

今日、久しぶりに見たってことは、

今元気ない時かも。

 

f:id:Highline:20240614211132j:image

 

そんな時に

タイミングよく、山形からさくらんぼが

返礼品で届きました。

贅沢に、頬張っていただきましょう。