Walking along The Highline

立ち止まることもあるけど、歩き続けていたい。

50代のリアルな毎日。いろんなことをつぶやいていこうと思います。

ワクチンについて

ようやく、全国的に、高齢者対象のワクチン予約と接種が始まりましたね。
父親は、ネットの予約は私が行い、来週接種を待つばかり。
ネット予約も、最初の30分は混んでいたようですが、時間をおいたら、なんなく完了できました。
医療従事者の妹は、4月に第1回接種が終わりました。そのまま職場に戻り仕事を続けたそうです。
全く副作用はなかったようです。
2回目接種は今月。

毎週1回、フェイスタイムで話しているアメリカ人の友人は、
カリフォルニア州在住で、1回目を薬局で薬剤師から接種したそうです。
アメリアでは、新型コロナ以前から、毎年のインフルエンザワクチンも、近所の薬局で接種をしているそうです。
薬局の薬剤師は、トレーニングを終了している人なら接種できるそうです。
ファイザーかモデルナを選択できるようで、友人は、一番近い場所というのが優先順位だったようで、ファイザーだったそうです。
筋肉の痛み予防として、接種後に、腕をブンブン回した方がいいわよと言われたそうですが、
日本では、あまりそういう話は聞きませんね。
発熱、痛み予防として、接種後だったら、副作用予防のために、痛み止めを飲んで対応してもよいとも言われたそうです。
友人は、腕回しをした効果かわからないけど、筋肉痛はさほど感じなかったそうです。痛み止めも飲まなかったそうです。



日本は、ワクチン供給が安定したとしても、打ち手の不足、場所の供給が全然数に対応できてないようです。
歯科医にも要請するようだというところからまだ前進していないようだし、
場所も、もっとフレキシブルに広げる必要もあるし。
コロナ感染から始まって、もう1年以上。
ワクチン接種のための準備も、去年からしていたはずなのにね。
他国ができて日本ができないことが多すぎて、
法律やルールにしばられすぎて、フレキシブルに対応できない諸々が、
まさに、世界に取り残されつつあるかつての大国日本を象徴されているようで、なんかね。



アメリカの今の雰囲気は、ワクチン接種が広まってきて、ゴールが見えてきたということで、レストランの中での飲食もようやく開放され、
シアターもリオープン。
政府がゴールまでのマイルストーンを一つ一つ示しているから、
国民も、どの道を歩いていけばゴールまでいけるか理解できるわけで、これはイギリスも同じ。、
日本は、こうすればこうなるという具体的な数を示さず、ただ漠然とお願いをするだけという、全く違うアプローチ。
ワクチンもすすまない、ましてやオリンピック問題も抱えた日本に比べて、国民の感情がここにきて全く反対になってしまっています。


もちろん、
ワクチン接種をしないという、個人的な意思は、尊重したいと思います。




anyway!
Yesterday was Mother’s day.





緊急事態前に、連れて行ってもらいました。

f:id:Highline:20210510104756j:plain


f:id:Highline:20210510104752j:plain


そして、花よりだんご。
アイポッズプロと、エアタグです。

f:id:Highline:20210510105200j:plain


エアタグのキーリングは、欠品のため後日受け渡し予定です。


f:id:Highline:20210510104552p:plain


エアタグは、使うのが楽しみです。

same as usual

ゴールデンウイークも終わって
久しぶりに電車に乗って仕事しました。
そんなに長い時間じゃないのに、
帰宅したら、ソファでぐったりしてしまい、しばらく休憩してしまいました。
人混みにすっかりやられた感じです。



一週間、ワンコの散歩くらいしかやってなかったのと、
静かな環境に馴染んでしまったのもあり、
体力って、使わなければどんどん衰退しちゃうものだと実感しました。

身体が慣れていくのにも、時間がかかりそうだな。笑





この1週間のあいだは、
なるべく、デジタルデバイスからは離れて、
本を読んだり、季節のモノの入れ替え作業してました。


割と頻繁に断捨離しているつもりでも、今回も手放す衣類やくつなどで、ひと袋できました。


そんなときに、スマホからうれしいお知らせがきまして、
メルカリで出品してるもののなかで一番高額商品が売れましたよ~という連絡でした。


世の中は、ステイホームで、
みなさんも断捨離に励まれて、
圧倒的に出品が多いのかなと思ってましたが、
意外と購入もされているようで、
そのあとも何品か売れました。


なので、今回の断捨離で廃棄するつもりだった
書籍や衣類など、
試しにいくつか出品してみたら、
こちらも反応がよくて、気持ちよい手放しができました。



1日だけ、子供が夕食の時間に来てくれて、にぎやかな時間を過ごせました。
楽しい時間でした。




いつもならば、
根津神社のつつじとか、明治神宮の菖蒲の花とか、GWに見ごろなんですが、
去年のゴールデンウィークも、
ステイホームだったし、
新緑の自然に触れたい気持ちだけが
ちょっと心残りですね。


f:id:Highline:20210506220306j:plain


f:id:Highline:20210506220301j:plain


f:id:Highline:20210506220311j:plain


一昨年の根津神社の満開のつつじです。




こちらは、国立競技場のモニュメント。

f:id:Highline:20210506220425j:plain




それにしても、
本当にオリンピックは、
どうするつもりなんだろうか、、。


いまや、
あまりにシビアな現実と乖離してしまったイベントになってしまいました。



今も日本のどこかで、
聖火リレーは続いているようですが、
ボランティアの医師や看護師さんを、
謝礼なしで1日9時間拘束条件!で募集だそうですが、
集まると見込んでいるのが不思議です。


通訳ボランティアスタッフに応募しようと、
私も考えた時がありましたが、
事前に何度も講習会や説明会が予定されてあり、
仕事を持っている人にとっては、
思った以上の日程の拘束にひるみまして、あきらめました。


もちろん、医師や看護師のみなさんも、
期間中のみならず、事前に何度も招集をかけられる日程を組まれていると思うと、
とても現場を離れて手を挙げるひとはいないでしょうね。



何にも考えが及んでない
行き当たりばったりのおじちゃん?おじいちゃん?達に振り回されている怖さしか感じません。

つれづれ

先週、また5人目のコロナ感染者が、職場で出まして、
自分の体調の変化を静かに観察していました。


本人は、家族感染されたそうですが、あまり症状がないようでよかったです。
今回は、あまり接触もしていなかったけど、
変異種だった場合のこともあるので、1週間は、かなり緊張していました。


ゴールデンウイークも、昨日から始まりましたね。
29日は、昭和の日。5月3日は憲法記念日、4日みどりの日、5日子供の日
うまい具合に、5月1日2日が週末。
あらためて確認しないと、
何の祝日か、もはやわからなくなってきてしまってるのは、きっと私だけでしょうね。


ニュースを観ていると、意外に、羽田空港は、人が多いし、集まるところには集まっている。
気にせず出かける人はいる。旅行にも行くひとは、気にせず行く。


我が家は、引き続き、自宅で過ごす予定です。
今日は、花の苗をまとめて買ってきましたので、春の花に植え替えしようかな。
去年咲かなかったバラの花もがたくさんで、ちょっと楽しみです。



f:id:Highline:20210430212737j:plain



狭いながらも、庭があって、
土いじりできる時間が本当に癒しになるなんて、コロナ禍のこの状況で再発見しました。



昨日から読み始めた本。面白くてどんどん読み進めてます。


f:id:Highline:20210430220518j:plain


私たちがいかに、あらゆるものから依存されてしまっているのか、そこからなかなか脱することができないのかということと、
驚いたのは、世界的IT企業のTOPは、デジタルデバイスを世にプロダクトするけれど、
決して自分の子供には、デジタルデバイスを与えてなかったということなど。
ジョブズも、決して子供にiPadは与えなかったそうです。



意識して、デジタルデトックス心がけてみようと思う。



自宅にいても、やはり晴れると嬉しい。
お天気に恵まれる1週間になりますように。

うつくしいひと

都内を歩いていると、たまに有名人に出会うことがあって、
実際に見ると、意外に大きいとか小さいとか、こんなに細いんだとか、やっぱり華があるなあとか、
画面どおりな印象の方と、いい意味でも印象が違う方と、いろいろあります。



その中でも、
1番印象に残っている方がいます。
コロナ禍になる前は、季節に1回は、歌舞伎鑑賞に行ってました。
歌舞伎座でも、何回かあら?というかたが観客席にいらしていることがありますが、
女優の富司純子さんは、これが本物の女優さんなんだなあと、強い印象があります。


歌舞伎は、通常、演目が2~3あり、
間に幕間が20分から1時間とられ、その間、観客は、歌舞伎座内のレストランで食事に移動されたり、
たいていの観客は、事前に購入した幕の内弁当を客席に座ってその場でいただきます。


通しで3~4時間の長時間、
同じ列に座ってらっしゃる富司純子さんは、
着物姿で、ずっと背筋をのばして決して姿勢をくずされない。
そして、驚いたのは、
幕間のお食事時間は、さすがに席をはずされると思っていたのに、
周りが、お弁当をあけてお食事する中、席を外すこともせず、
お食事されないどころかかスマホすら見ることもせず、
ずっと姿勢を崩さず、持ってこられていた本を読まれていました。


おととい、出勤の車中、同じ年代の女性が座っていました。
友人の方と談笑しながらいつのまにかリラックス状態になってしまったんだと思いますが、
足が開き気味になり太ももが見えてきて、
真向かいにいる私の方がちょっと恥ずかしくなってしまい、
いつものおせっかい心が発動し、一生懸命アイコンタクトしましたら、気づいてくださり、、「みえてます」と、小声で伝えました。


富司純子さんのたたずまいを見て以来、
本当に美しいひととは、
こういうかたのことをいうのだなあと、あらためて実感しました。
いつも、意識しなきゃいけないと、電車の女性を眺めながら、
久しぶりに思い出したエピソードでした。




f:id:Highline:20210425213812j:plain


2018年の松本白鴎、幸四郎市川染五郎襲名記念の時の歌舞伎座公演の時の写真です。
なつかしいな。

いつまた、歌舞伎座行けるかなー。

ミナリとノマドランド

2021年オスカーノミネート作品で、いま上映されている映画は2本。
コロナの状況が、日に日に深刻になってくるなか、4月の初めに鑑賞しました。


ミナリは、
アメリカ合衆国南部のアーカンソー州にやって来た韓国系移民家族のストーリー。
農業で成功することを夢見ている父親ジェコブに振り回される一家に、次々と困難が降りかかります。


f:id:Highline:20210420192952j:plain


タイトルのミナリとは韓国語で香味野菜のセリ。
たくましい地に根を張り、2度目の旬が最もおいしいと言われていることから、
子供のために親が懸命に生きるという意味が込められている。
不条理な運命に襲われても力強く立ち上がる家族の姿を描いています。



この映画では描かれていませんが、
いま、コロナ禍のなかで、アジアンヘイトクライムが各所で起きています。

アジアから移民して、異国の地でたくましく生きている人達が、今もなお、カラーの違いだけで、生きずらい状況にあるということが現実であるということを考えると、
ダイバーシティどころか、今回、
根深い分断が浮き彫りになってしまったと実感します。


それにしても、
韓国は、BTSといい、去年のオスカーのパラサイトといい、日本のエンタメ業界のレベルとこうも違うという現実。
日本も、頑張ってほしいなあ・・・・。


ノマドランドは、
リーマンショック後、企業の倒産とともになくなったネバダ州の企業城下町エンパイア。
ここに暮らしていた60代の女性ファーンは長年住み慣れた家と、最愛の夫を失ってしまう。
途方に暮れたファーンだったが、
キャンピングカーに最低限の生活必需品を積み込み車上生活『現代のノマド』として生活をはじめます。
日雇いの職を求め往く先々で出会うノマドたちとの交流とともに、誇りを持って自由を生きる彼女の旅は続いていく。


f:id:Highline:20210420192543j:plain


社会的に見放された現実を、
詩的でありドキュメンタリーのようで、
またロードムービーのような作品に仕上がっています。


この作品は、
年代も近い自分を投影して鑑賞しました。
主人公が、郵便番号ごと抹消されたという形でなくなっってしまった自分の街と、夫との思い出をいつまでも忘れないでたずさえていくため、新しく居を構えることをせず、(出来ず)
車上生活を決断し、その中で出会う
人と交わす会話が、とても心に刺さります。


f:id:Highline:20210420193420j:plain


人は皆、痛みを抱えて生きていく、
なんのために生きていくのか、自問しながら、
それでも生きていく。


主人公の心の痛みや、とりまく厳しい環境とのコントラストに、
アメリ中南部の壮大な景色が、とても美しいです。


最後の場面の中で、
息子を自殺で失った男性との会話が、
とても、心に残りました。



コロナの状況が厳しくなってきましたが、この作品は、映画館の大きなスクリーンでぜひ観てほしいと思いました。


academy.yahoo.co.jp

都会の真ん中でくつろぐ

約10年ぶりくらいに、銀座に寄った際に、日比谷公園に行ってみました。

f:id:Highline:20210413195600j:plain

チューリップが可愛い。

f:id:Highline:20210413200729j:plain

ネモフィラの花壇もありました。

f:id:Highline:20210413195744j:plain


噴水を見ながら、ベンチで一休み。
なーんにも考えない時間。



3月中旬から、約1か月ブログを書く習慣がとぎれた時期がありました。



桜がとてもきれいで、
一人でお花見散歩したり、家族や友人としゃべりながらお散歩してました。

遅ればせながら、掲載しておこうと思います。



今年は、本当に桜の季節が早かったですね。



f:id:Highline:20210413200115j:plain
f:id:Highline:20210413200120j:plain



3月24日、靖国神社の桜です。



f:id:Highline:20210413200211j:plain


3月26日、日本橋の桜。




f:id:Highline:20210413200939j:plain

六本木ヒルズ裏の坂道。



f:id:Highline:20210413201308j:plain

3月29日、目黒川の桜。



f:id:Highline:20210413200508j:plain



3月30日、浅草寺の桜。


f:id:Highline:20210413215726j:plain

六本木ミッドタウンの桜。


これからは、つつじや藤の花がきれいな季節ですね。


楽しみです。

松任谷由美 SURF & SNOW

昨夜は、ユーミンの苗場Live配信を観ました。

 

5.6年間に、久しぶりにファンクラブに入っている友人から誘われて、

最近また、時々Liveに行くようになり、

苗場も1度だけ、妹を誘って旅行を兼ねて行ったことがありました。

 

配信視聴チケット案内が、イープラスから来ていたので購入して、Liveを観たら、

無観客だとすっかり思っていたのに、今年も苗場は行われていたようです。

 

f:id:Highline:20210411082702j:image

 

ユーミン、何歳?と調べたら、

今年67歳になられたようです。

ナマ足でショートパンツ、パワフルです。

 

f:id:Highline:20210411082737j:image

 

 

最近の歌は知らないけど、

懐かしい歌が聴けて、しばしBack to the 20代を思い出しました。

 

f:id:Highline:20210411082818j:image
f:id:Highline:20210411082814j:image

 

苗場名物、リクエスト曲コーナーです。

お客さんをステージにあげてのトーク

友達みたいな語り口で、ユーミンならではのシニカルなトークも健在です。

 

お2人とも、毎年苗場に通われている常連の方々でした。

 

 

未来は霧の中に

という曲を久しぶりに改めて聴いて、

いろんな想いが去来しました。

 

f:id:Highline:20210411094445j:image